うつ病を治すには自分自身が成長するしかない

数年前職場の劇的変化によるストレスによって、うつ病にかかりました。

最初は、うつ病というものをあまり理解していなかったため、「何で私が」と思い、何もやる気が起きず、このまま退職してしまおうとも考えました。

私生活でも、大好きだった趣味や行動というものを一切しなくなり、タバコを吸うことさえ面倒と思うくらいまでになりました。

最初は体調不良(下痢)で内科にかかったのですが、その時の主治医が瞬時に見抜き、精神内科を案内してくれました。ここで、「うつ病」という診断が下り、医師の協力で復活まで歩み続けました。私の場合、原因が職場ですので職場から離れていることにより症状は改善されていきました。具合が良くなってくると同時に、周りでも同じ病気で悩んでいる人が多数いることを知り、心理カウンセラーの勉強を始めました。それが相乗効果を生み出し、今ではストレスというものを上手くコントロールできるようになりました。

うつ病には原因となるものが必ずあります。それを取り除き、再度それと同程度のストレスが襲ってきた時に跳ね返せるような強靭な精神力を持つことが、本当のうつ病の完治と思っています。時間はかかるとは思いますが、助けになってくれる人はたくさんいます。一人で抱え込まず、他人に話すという行為が大切です。

PR|乳がんのセルフチェックと痛み|