風邪をこじらせて肺炎

インフルエンザが流行り出す少し前に高熱が出ました。

次の日に病院へ行き、検査してもらうとインフルは陰性。鎮痛剤を処方してもらい、仕事を休んで家でゆっくり休んでいました。

体調が悪かったり高熱が出た時は、寝ても寝ても眠れるのに、その時は苦しくて眠れませんでした。鎮痛剤を飲んだおかげで熱は下がっていたのですが…

数日すると、コホコホと変な咳が出るようになったのです。はじめは喉の痛みや苦しさはありませんでした。しかし、咳はどんどん酷くなり、そのうち咳が止まらなくなってしまいました。夜寝る時は、更に苦しくてなかなか眠れません。

その時、高熱が出た日から一週間経っていました。鎮痛剤で熱は下がっていましたが、処方してもらった薬を飲みきった後、熱を計ってみると38度ありました。

すぐに病院へ行き、レントゲンを撮ると急性肺炎でした…

肺炎はお年寄りの方がかかる病気だと勘違いしていました。当時30歳だった私は、苦しい咳の原因が肺炎だとは思ったもいなかったのです。

即入院。医者には「よくここまで我慢したね」と言われてしまいました…

一週間の入院で良くなり、肺炎の怖さを知りました。

インフルエンザではありませんでしたが、風邪をこじらせて肺炎になった経験から、今では毎年、インフルエンザワクチンを受けるようにしています。

PR|乳がん治療の最前線