冬の間はインフルエンザという病気に注意

冬の間は、インフルエンザに注意しなければいけないです。インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染する事によって起こる病気であり、高熱や寒気そして気力の低下などさまざまな症状が体を襲ってきます。
感染力も強いですから、冬の間にインフルエンザに感染する人は多いです。そこで、少しでも感染しないためにも、予防を徹底する必要があります。手洗いやうがいはもちろんですけど、ウイルスを防止できる質が高いマスクを装着するのも忘れないようにします。
特に、人が多い所に出かける時には、その人たちの中にはインフルエンザウイルスに感染している人もいる可能性がありますから、マスク装着を忘れないようにします。もちろん、人が多い所には極力行かない事も必要です。
インフルエンザになると、学校や仕事も1週間ぐらいは休む必要があり、他の人にも迷惑がかかりますし、自分自身にも大きな影響が出ます。感染しないような努力をしていくようにします。

PR|がんのリスクを人間ドックで減らす|